楽しいゴールドジムの勤務が終了。。。

Pocket

マシンが揃いプレオープン&事前入会受付が始まりました。
見学してもらって、いいと思ったら入会してもらうという流れで行われました。

ゴールドジムには社員でもマッチョしかいないイメージがあるかもしれませんがそんなことありません。
職種が大きく分けてトレーナー・フロント・マネージャーがあり、僕はトレーナーでした。
フロントは全員女性で、受付やプロテインを作ったり、レジをしたりと事務作業全般が仕事内容です。
トレーナーはお客様のトレーニング指導、マネージャーは店舗の運営ですね。

見学に来たお客様をトレーナーがトレーニングマシンの説明をしながら施設内を案内して、入会されますかというようにもっていき、入会するようであればフロントに回して手続きをしてもらい、マネージャーはそれを回すという感じでした。
プレオープンあたりから、関東からヘルプでマネージャーとトレーナー、フロントの人が来てくれました。
そこでヘルプで来たマネージャーがくそウザかったんですよ。
僕が見学に来たお客様に案内の紙を一回渡し忘れただけで「やる気あるんか」と睨まれたのを今でも忘れないですね。
そいつはユニフォームのお腹だけが張り出したジムのスタッフとは思えない中年太りの体系で、目つきが悪く、お客様にも愛想がないのでお客様からクレームが大量に届くような人だったので自分が悪くても素直に聞けなかったです。笑

悪口はこのへんにして、いよいよジムオープンです。
オープンと同時に待ってましたと言わんばかりに何人も入ってこられました。
あの瞬間は嬉しかったですね。
トレーナーは初経験だったので最初は戸惑いましたが、福岡の土地柄か、楽しいお客さんばかりで楽しく仕事ができました。
ゴールドジムには会員もスーパーゴリゴリマッチョしかいないというイメージが強いと思いますが、そんなことはありません。
僕もそう思っているうちの一人でしたが全然そんなことなく、普通にダイエット目的の方が8割以上です。
むしろガチなマッチョは1割以下です。
当時僕が教わったのは、ガチな人たちは放っておいても勝手に来るから必要ないということと、一般層をどれだけ集められるかが大事だということです。
あと聞いていて意外だったのが、会員数を増やすよりも、来館数を増やすことを考えろということを言われました。
来館数が増えて、その時に何か少しでもお金を使ってくれればそれが売り上げになるからみたいなことを言われた気がします。
もう5年前のことなんで間違ってることだらけかもしれませんが、、、笑

ゴールドジムは全国的に有名で、特に東京に住まれてる方ならトレーニングに興味がなくても存在はご存知だと思います。
そのせいか色んな有名人が来られます。
たった3ヶ月のアルバイトの僕でも何人か見ました。
柔道の日本代表選手、有名プロレスラーや筋肉系お笑い芸人、有名モデル、韓国の有名アーティストグループ等々、けっこう見ました。
地方に来た時も鍛えるんだな~と感心しました。

ジムはちゃんと通う人は週に2回以上来られるので、会う頻度が高く時間も長いので話が好きな人であれば、とても仲良くなります。
お客さんの中には5年経った今でも何かあれば連絡をするような仲の人もいます。
会社の決まりで駄目なんですが、お客さんと付き合ったりもしました。
同期も店長も面白い人ばかりだったので、全然怒られることなくめっちゃいじられました。
トレーナーしてるとお客さんにもフロントのスタッフからもモテます。
トレーナーって先生みたいな立場なんで、頼もしく感じるんですかね。
同期も後から聞くといろいろ手を出してたみたいなんで、トレーナーしててお客さんから連絡先を聞かれないようじゃ人間性に難ありだと思います。笑
こんなこと言うべきじゃないかもしれませんが、トレーナー側から連絡先を聞こうもんなら下手すればソッコークレームもんなので、絶対に自分から聞いては駄目です。
焦らなくてもどうせ聞かれるんで、嫌じゃなければ「本当はだめなんですけどね」とか言いながら教えたらいいんですよ。ノーリスクハイリターンです。

まあそんな感じで仕事が楽しくて仕方なかったですし、仕事のおかげでプライベートも充実し、福岡という場所も程よく最高の期間でした。

そんな楽しい期間はあっという間に過ぎ、幸せが長続きするわけもなく、次回は地獄の公務員編です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク