テナント探し スタート

Pocket

契約書類

テナント探しのスタートです。

Gがテナントを探し始めて1週間経って1件を紹介されたので実際に見に行ってみました。

感想は、立地が微妙で、サイズもかなりイメージよりも狭く感じたので僕的には無しでした。

Gは平日動けて、僕は土日しか動けないので同じ日に行動できなくて、このような形をとっていました。

そして、僕的には無しだった物件から不動産の事務所に戻り、別の物件はないかと条件を伝えて探してもらう事にしました。

その日にもう一度見に行くというのが難しい時間だったので、いい物件があれば後日連絡してもらうということになりました。

そこから2週間経って、Gからも不動産からもテナントのことについての連絡が来ません。

そこで不安になった僕は僕で見つけた知り合いの不動産を紹介してもらって見に行くことになりました。

本当になかなか見つからないものなのか知りたかったので、Gに頼らず僕だけでどこまでできるのかなという思いからでした。

店頭に行き、条件を伝えるとよさそうなものが3件くらい見つかり、すぐに見に行くことになりました。

実際に見てみて1件だけとても良いと感じるものがありました。

それをまたGにできるだけ早く見に行ってもらうようにして、Gも気に入り、契約することになりました。

このことから、大物の知り合いがたくさんいて、そんな人たちを頼れると言っていたGが自分から動き出して3週間経っても何も進まなくて、特にすごい人物の知り合いもいない僕が1週間も経たないうちにいいテナントを見つけて契約するというところまで行けたのは、僕がすごいのではなくて、Gが本当は何もできない人なんじゃないかという疑惑が浮上してきました。

しかし調子のいいGは不動産の担当者に自分が代表ですみたいな顔をしてテナントを見て回って、G名義で契約することになりました。

するとGは個人事業主で、保証人の父親も個人事業主になって間もないということで、契約の審査が通らない可能性があるということになりました。

僕は現役の公務員で、父親も現役の公務員だったのでこっちの方が審査が通りそうだということで、僕の名義で契約することになりました。

融資の話の時も書いていましたが、テナントも融資もGは本当にでかいことを言う割に何もしてくれない(できない)なと思うようになってきました。

そうこうしているうちにもう3月も半ばになっていました。

公務員を辞められる喜びがありましたが、4月に始める予定だったものが何一つ進んでいないことに非常に大きな焦りを感じていました。

テナントを実際に契約する前に、内装がどれくらいの金額でできそうかとか、本当にジムのテナントとして優秀かどうかを最終的に決めるために、Gの知り合いの内装業者に見てもらう事になりました。

いつものごとく、ここは任せてくれということだったので僕は結果報告を待っていました。僕は平日動けず、業者も平日しか都合が合わなかったのでGに任せていました。

すると驚くことに、耐震強度がヤバいみたいで、ジムをするにはとても床が耐えられないということでした。

不動産の担当者にGが確認して問い詰めると、前の入居者は託児所だったのですが、耐震強度が不安で移転したみたいです。(今思うと、このことはGからしか聞いていないのでこの話が本当かどうかわかりません。今となっては確認する術はありありません)

僕はヤバいやつを引き寄せてしまう何かがあるのかなと思いました。笑

契約直前でわかったのでそこは不幸中の幸いだったかなというところです。

失敗からは何かを学ばなければとは常々思っていたのですが、このことで学べたことはテナントは何のツテが無くても探せるということでした。

そこから不動産の担当者からチャンスをくださいという感じで、もう一つテナントを紹介されました。

そこがたまたまGの知り合いのテナントが今から移転するという状態でした。

するともうGはいつものごとく調子に乗りだします。

まあまあ良かったですが、最高だ!と即決するような内容ではなかったので一旦保留にしました。

なんだか全てがなかなか進みません。

次回に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク